やりたい事があるのに親に相談とか要らない。自分の人生を生きる3つの考え方♪

めんどくさいヤツ、爆発しろ!

どうも、1人が大好きなトミタチヒロです♪

よく自分が何かをやりたいのに事前に親に相談して、結局やらずに終わるって人いますよね?

「将来はこんなことをやりたい」とか言っても、親や反対されて結局やらずじまい・・・

それってすごく勿体無いですよね。

 

本気でやりたい事なら親に相談なんてせずに勝手にやればいいのに。

 

今回は親に依存せずに自分の人生を生きるための考え方を書きました。

 

1、親の許可なんて要らない

成人したら大半の人はアルバイトなり会社員なり、自分で生活できるぐらいはお金は稼げますよね。

小学生じゃあるまいし、いちいち親の許可とか要らないんですよね。

親がうるさいと感じたら一人暮らしすれば良いし、仕事が嫌になったら辞めて次を探せば良いんです。

でも子供の頃から真面目タイプに育てられてきた人ほど、親に意見したり反発するのが怖いんですよね。

オレもそうでしたからw

 

しかし親だって完璧じゃないし、間違いだっていっぱいあるんですよ。

 

だったらやりたい事はさっさとやってしまえば良いんです。

やりたい事があるのに相談なんてしてたら時間の無駄だし、せっかくの決心が揺らいでしまいます。

親に話すなら事後報告で十分ですよ。

オレも親に「あ、そう言えば仕事辞めたから」って感じでしたからw

 

2、「親に育ててもらった恩があるから」はまた別の話

人間である以上は必ず親から生まれるし、多くの人は親に育ててもらいますよね。

「親には育ててもらった恩がある」って考えるのはとても良い事だとは思います。

しかし、自分のやりたい事があるならその考えは横に置いておきましょう。

 

親に育ててもらったからって、何でも親の言う通りにする必要なんてないですから。

 

ていうかそんな生き方苦しいだけですよね・・・

自分の人生は自分のものなのに、親に決められるとか意味不明ですw

親には感謝しながらも、自分のやりたいことは好きにやりましょう♪

 

3、親に理解されなくて当たり前

親子の年齢差ってだいたい20年以上はありますよね。

20年もあったら価値観や考え方が違うのは当たり前です。

つまり自分の持っている価値観や考え方が、親に理解されないのも当たり前の話なんです。

 

親に理解されなくて当たり前なんだから、相談なんてしても何の意味もないですよ。

 

「親が理解してくれない」って悩んでる人もいるでしょうが、別に理解されなくて良いんです。

親子だからってお互いに何でも知ってるわけじゃないですし・・・

親であろうと所詮は他人、他人のために生きる人生はつまらないのでオサラバしましょ♪

 

最後に

偉そうに言ってるオレも最近まで、自分で決断が出来ない人間でした。

親の言う通りに生きてきた自分にとって、親の束縛を断ち切るのは簡単ではなかったです。

いや、正確に言うと簡単じゃないと思い込んでたんですよね。

でも思い切って自分で決断してから気持ちがスッキリしました。

実家を出て一人暮らしをするのも、会社を辞めて自分のやりたい事に集中するのも自分で決断できました。

自分で決断した事なら誰かのせいに出来ませんしね。

 

だからこそ自分のやりたい事は思いっきりやれるんです!

 

逆に親に相談してる時点で、本当は心のどこかで諦めてますよね。

自由に生きたいなら親の許可はいりません。

親の許可がないと動けないような人生って、どう考えても面白くないですから。

自分の生きたいように生きるのが一番ですよね。

それじゃあ今日はこの辺で・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です